「がんばり屋さん」は注意!脚痩せマッサージの痣(あざ)

こんにちは!


神楽坂通りのエステサロンHanaemi(ハナエミ)です。


施術者のおおしまです。



よかれと思ってしたことが、


逆効果どころが体を痛めてしまうことがあります。


※特に「自分でがんばろう!」とする方ほど要注意!




都内某サロンでの店長時代、


施術後の赤み・あざ・うっ血・痺れなどで、


お客様とクリニックへ同行することがありました。


※写真はイメージです


程度の差こそあれ、


痣や内出血は痩身エステではよくあることです。



「インド」「痩身」「リンパ」「セルライト」


などとうたっているところは、


手技が強め傾向にあります。



そんな影響もあってか、


「これは誰が見ても怪我だよ?」


というダイナミックな痣や内出血になるまで、


自分でゴリゴリやってしまう方もいます。




私も以前、痩身エステでゴリゴリしていたときは、


「自分ではこんなに強く(痛く)できない。」


とお客様からよく言われたものです。。



確かに強くて痛いほうが効いてる感とやられた感はあります。



たった○分で美脚!



とかいうキャッチャーなうたい文句で、


セルフマッサージを紹介する動画が氾濫してますが、


大半は根拠に乏しく、


注意点は伝えていません。



オーバートリートメントといって、


「やりすぎ」は逆効果になります。


がんばっているのにもったいないです

(´;ω;`)



痣はセルライトが潰れている証拠ではないです。


強く揉んでも脂肪は減りません・・・・。




ちなみに同行したクリニックでは、


ドクターが、


跡形もなく治るのか、


跡が残るのか、


治るとしたらどれくらいの期間がかかるか、


症状に応じて、


治りをよくする薬などを処方してくれます。



サロン責任者が同行するのは、


お客様の不安を少しでも解消する為です。

(と理解していました)



エステ施術後の心配な症状はまずサロンに相談です。

サロン対応に不安があった場合は、

国民生活センターという相談窓口があります。



痩身エステやリンパマッサージで、


巡りがよくなることで代謝がよくなり、


痩せやすくなることはあると思います。



ただし、どんなに高額なエステでも、


「これで一生太らない体になる!」


なんてことではないです。




Hanaemiのサポートする痩身は、


食事制限やトレーニングの強要はしません。


もちろん痛いことはしません。



お一人お一人の体質やライフスタイルに合わせて、


心と体が自然に整うサポートを心がけています。


25回の閲覧